Amazonがビットコインを買収できない理由

こんにちは。@kaka_nonです。

インターネットの次の新たな革命として、ブロックチェーン仮想通貨が盛り上がっています。

【関連記事】
バカでもわかるブロックチェーン
バカでもわかる仮想通貨
バカでもわかるスマートコントラクト

ブロックチェーンの最大の強みは「中央で管理する組織がいない」ことです。

googleやfacebookのような便利なサービスは、使う人が多すぎますので、管理する組織が必要ですよね。

あらゆる人が使うようなサービスを提供して、その中央組織になることで利益を出す、というのがここ10年くらいのビジネスのトレンドです(プラットフォーム戦略)。

アメリカのビッグ5なんて代表的な例↓↓
・Apple
・Amazon
・Facebook
・Google
・Micro soft

中央組織を必要としないブロックチェーンは、このビジネストレンドを覆す可能性があります。これだけでもめっちゃすごいことなんですが、実はビジネス的に言うと、もっと面白いところがあります。

それは「買収されない」ってことです。

こちらの記事で、未来のビジネスを昔からある株式会社と比較して、その凄さを解説します。

「株式会社」とは?の解説はこちら

 

仮想通貨=トークン


仮想通貨と聞いて何を思い浮かべますか?まあ代表的なものはビットコインですね。仮想通貨の界隈では、しばしば仮想通貨をトークンと呼びます。

じゃあトークンてなんだよ!仮想通貨と何が違うんだよ!ってなりますよね・・・

結論を言うと「仮想通貨=トークン」です。なんか細かい違いはあるらしいですけど、この点に関しては全然気にしなくてオッケーです。

 

「トークンを発行する」とは?

以前、仮想通貨解説の記事で「仮想通貨(トークン)はブロックチェーン上に発行されたお金」と説明しました。

仮想通貨の盛り上がりによって、今ものすごい勢いでブロックチェーンを使ったビジネスが立ち上がっています。

しかも、株式会社ではない企業です。でも新しい企業が立ち上がるときってお金が必要ですよね。株式を発行しない企業はどうすると思いますか?

トークンを買ってもらうことで資金を調達します。つまり、新しいトークンを発行するんです。クラウドファンディングもそうですけど、今の時代は資金調達がすごく簡単になっています。

では、トークンを発行するとき、または発行したいときってどうすると思いますか?

一般の人がトークンを買うためには、株と一緒で、市場が必要です。日本で言うと、コインチェックビットフライヤートークンの取引市場です。怪しいように感じる人もいるでしょうが、農家と野菜と世間で例えるなら、ただのスーパーです。

市場に上場させるときも、トークンは株と一緒です。「上場させるよ」って宣言して「セール」を行います。株のセールをIPOというのに対して、トークンの上場前のセールをICOと言います。

そして一般の方は取引所にあるものを日本円などで買います。つまり、取引所に上場しているトークンを買います

こうしてトークンを取引所に上場させ、世間がそれを買うことで企業は資金を調達します。

トークンと株の大きな違いは、「決済で使える」ということです。株式の売買は株式市場でしかできないんです。

しかしトークンは違います。例えばビットコインをビットフライヤーで買って、ビッグカメラで買い物することだってできるんです。これが株とトークンの大きな違いです。株式会社の株で買い物はできません。

じゃあ買い物で使える株じゃん」って思いますか?実はトークンと株には、もっと決定的な違いがあります。

 

ビットコインはAmazonでも買収できない

株式の最大の特徴ってわかりますか?

株式には議決権がある、というのが一番の特徴です。なぜかわからない方はこちらをどうぞ

それにともなって、一定の株式を保有することができれば、誰でも株式会社を支配、つまり買収することができます。

Amazonなんて、ITから小売店まで、鬼のごとく企業を買収してますよね。そりゃずっとトップですわ・・・ただのジャイアン

ではそれに対して、トークンはどうでしょうか?

例えば、ビットコイン(BTC)で考えてみましょう。
BTCの需要がどんどん広がっていって、Amazonが「やばい!」ってなったとします。

ブロックチェーンは中央組織を排除することができますので、BTCは怖いですよね。Amazonなんて中央で手数料とって設ける会社ですから。

Amazonがなんとか「BTCを買収してやろう」って考えたとします。でもできないんですよ

なぜかって、トークンには議決権がないんです。

AmazonがBTCを買い占めたとして、だから何?っていう感じなんですよね。ただ単にBTCが値上がりするだけです。

これかなりヤバいと思いません?スマートコントラクトを持つイーサリアム(ETH)なんてAmazonのような中央組織には絶対に脅威なんですよ。

仮に世界中の個人間でETHを使って、モノを売買できたら、Amazonなんていらないですもん。

でも買収できない。これがトークンのすごいところなんですよね。

 

 

トークンとはなにか?株との違いは何か?わかったでしょうか。

この「議決権がない」という特徴によって、トークンが増えすぎている、というのもまた事実なんですけどね・・・

健全に技術が発達することを願いましょう

【関連記事】
ブロックチェーンがインフラになるためには「利益を求めない」ことが重要だ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です